他の治療との違い

白い歯が人気が出てきた昨今、歯をもっと白くしたいという人も増えてきました。ポリリンホワイトニングは歯のステインを落とすのと同時に、ポリリン酸が歯を瞬間的にコーティングすることでホワイトニング効果が得られる歯を白くする方法です。

それに対し、歯のクリーニングと呼ばれる方法もあります。どちらも歯をきれいにするという意味では同じですが、クリーニングは歯のお掃除のことで、原則的に保険治療の範囲内でできる施術のことを言います。ホワイトニングは歯を漂白することで、保険ではカバーされないため自費治療になります。

歯のクリーニングは虫歯や歯周病等の原因になる歯の表面の歯石や歯垢を取り除く作業のことをいいます。クリーニングでは、超音波スケーラーという振動によって汚れを落とす機械や、ハンドスケーラーとよばれる手用器具が用いられ、経験を積んだ歯科医や歯科衛生士によって行われます。クリーニングはどちらかというと、現在ついている汚れを落とすという効果があります。

それに対し、ポリリンホワイトニングは歯にダメージを与えず、ポリリンコーティングなどによって歯表面のエナメル質などを強化し、汚れや虫歯菌から歯を守ってくれるといった予防的な効果があるといわれています。

管理者